任意整理の流れ1


先の長々と任意整理とは何ぞやといった話をしてきましたが、ここでは具体的に任意整理の流れ、手続き方法について紹介します。任意整理は一般的に債務整理と呼ばれることも多いようです。その名の通り、任意整理即ち債務整理とは文字通り借金を整理することです。あまりに大きな金額の借金を抱えたために、夜中に低価格で引越ししてしまいそうなくらい返済が非常に困難になったという債務者がいたとします。任意整理とは簡単に紹介すればまず借金の額を減額・整理し、そして今後返済ができる金額の範囲内にまで整理・減額します。そしてその後で新たにそれに基づいて債権者と契約を交わし、その契約に沿って債務者は借金の返済を続けていくという方法です。借金を整理する方法は任意整理以外にもあります。その中でも比較的知名度が高いのは自己破産ですが、任意整理も自己破産同様、数ある借金整理方法の一つです。任意整理のあらましについて大体のところを理解していただいたところで、話は再度任意整理の流れに戻ります。以下は任意整理の話になりますので、順を追って説明します。?1.多重債務により借金の返済ができなくなり任意整理を検討します。?任意整理は債務者個人が行うのではなく、専門家が代理人となって債権者との交渉に当たります。従って任意整理の検討には、同時に専門家探しの作業も含まれます。ですが仮に任意整理をすることに決めたとしても、ここで安心してはいけません。任意整理をするからといって、その前にやたらと借金をする等といったことは尚更するべきではありません。というのも仮に任意整理の具体的な相談前であったとしても、もし収入でやりくりできる範囲を超えて、日常の生活と借金返済とが両立できない状態であるにも関わらずそれでも多額の借金を繰り返したりしていると、後で専門家が債権者と交渉を行う際に、債権者側から短期間での借金の完済を求められる等、交渉が不利になってしまうこともあります。この場合債務者の側に悪意があったと取られかねません。従って任意整理を依頼する前の生活、特に借り入れには注意が必要です。
2.弁護士事務所等に任意整理に関する手続きの相談および依頼をします。?先に紹介したように任意整理は司法書士、弁護士といった専門家が代理人となって債権者との交渉に当たります。従って弁護士事務所等を訪ねて任意整理の依頼・相談をすることになります。そして任意整理の手続きを始めるにあたっては、まずは任意整理が実際に可能かどうかの判断をすることになります。というのも、ここでは詳細な内容については省略しますが、状況によっては任意整理ではなく、他の借金整理の方法を検討しなければならない場合があるからです。勿論任意整理のほうがプラスになることもありますし、他の方法を選んだほうがよいこともあります。いずれにせよ、借金に関する情報について、ここで専門家に相談することになります。借金に関する情報とは、借金の金額、借り入れ先は勿論、いつから返済しているかといって内容にまで及びます。ここで専門家と相談した結果、もし専門家が任意整理の手続きを進めることが可能であると判断すれば、任意整理の実際の手続きを進めていくことになります。?また任意整理を専門家に依頼した後は、各債権者への月々の支払いをストップすることになります。これは法律によって決められており、逆に言えばそれまで債権者からの厳しい取立てを受けていたとしても、任意整理依頼後の債権者による取立て行為は禁止されることになります。債権者が無断で債務者に連絡を取ることも規制されます。従ってそれまで多額の借金返済に苦しんでいたとしても、任意整理依頼後はしばし返済もなくなり、その後の月々の負担は非常に楽に感じられるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

シャネル 買取

Last update:2016/10/17