任意整理の流れ3

ここでは膨大な借金を抱えてしまい、その返済が不可能かはたまた極めて困難なときに行う借金整理の方法の一つ、任意整理について紹介しています。任意整理は司法書士或いは弁護士といった専門家が依頼人(つまり借金を多く抱えその返済に困っている人)の代理人となり、依頼者に代わって債権者との交渉に当たり、借金の金額を整理・減額した上で新たに債権者と契約を結び、その新しい契約の内容に基づいて任意整理依頼人はその後借金の返済を続けていくことになります。新たな契約に基づく借金の返済期間は一般には3年程度となっています。ここではある弁護士事務所の例を参考に任意整理の流れを紹介していますが、以下その続きです。
C弁護士事務所が債務の内容について調査を行って、その後各債権者と返済に関しての交渉をします。
この任意整理に関する代理人との債権者との交渉ですが、任意整理依頼人がそこに立ち会うことはありません。従って任意整理依頼人としてはどんなふうに交渉が進められるのか気になるところですが、ここで簡単にその交渉の内容について触れていきます。皆さんは任意整理の交渉の方法及び内容については、以下のような感じのものを想像しているかもしれません。例えば「借金の半分は必ず返済していきますから借金を半分にしてくれませんか」とか、同じように「借金の3分の2についてはいつまでに必ず返済しますので、如何でしょうか?」とかいった具合です。ですが意外に思われるかもしれませんが、決してそういった手法で代理人は債権者との話し合いをするわけではありません。任意整理の交渉はそのような交渉方法で行われるのではありません。

日本には利息制限法という法律があります。この法律ではその名の如く、金融業者などが顧客にお金の貸し出しを行う際に、取ってもよい利息の範囲が定められています。代理人は債権者との交渉を行う前に、任意整理の依頼人から借金の金額や返済期間の長さ等、借金に関する情報を詳細に聴取します。その一方で債権者にも連絡を取り、過去の取引記録の提供を求めます。その後代理人は両者を照合し、借金の金額や返済期間等の事実を把握した後で、利息制限法に基づく利息の規定に基づいて再度利息の計算をし、それによって本来法律で定められている、いわば「あるべき」利息の金額を計算し、もしそれを超えて債務者が債権者に対して利息を払っていたことが明らかになった場合には、元金に充当して債務額を減らすように求めたり、また場合によっては債務者が本来払うべき利息を超えて「払い過ぎていた」つまり過払い金があった場合には、債権者にその過払い分の返還を求めたりと、そういった方法で各債権者と交渉するのです。実際のところ、依頼人が専門家が代理人となって任意整理を依頼する場合、この過払い金、或いは利息制限法の規定を超えるだけの利息を払っているケースが圧倒的に多くなっています。従って借金の返済に苦しんでいる人は言うまでもないことですが、今のところ幸運にも借金に縁のない人たちであっても、利息制限法の存在を知っておいても決して損はないでしょう。ちなみに利息計算法に基づく利息の計算方法は一見簡単に見えて非常に難しく、勿論一般の人でもできないことはないのですが、やはりここは専門家に任せたほうが得策でしょう。

pickup

2015/4/10 更新