任意整理の流れ4

任意整理の手続き方法、及びその流れについて、とある弁護士事務所のケースを例に紹介しています。そして債務者の代理人となった司法書士や弁護士といった専門家が、任意整理依頼人(即ち債務者)に代わって債権者と交渉します。そして代理人と債権者とのあいだで今後返済する借金の額、及び返済方法等についてまとめ、契約を結びます。
D各債権者との間で結んだ契約に従って、任意整理後の債務を返済していくことになります。
任意整理に関する交渉過程で、代理人と債権者は借金の返済金額や返済方法等に関する交渉をし、交渉が妥結したら新たに交渉を結びます。任意整理依頼者は交渉の妥結内容と新たに締結された契約の内容を理解、確認します。そしてそこからは弁護士事務所と各債権者との間で締結した契約に従って、借金の返済をしていくことになります。この任意整理手続き完了後の新たな返済期間については、一般には3年程度となることが多いようです。ちなみにここで紹介した弁護士事務所の場合、任意整理手続き完了後の債務の返済に関しては、任意整理依頼者、即ち借金を抱えた当事者が直接債権者に対して返済を行うのではなく、返済分を一旦弁護士事務所宛てに振込んで、それから弁護士事務所から各債権者に対して分配するような形で返済していく形式となっています。何度も言うように任意整理は今後継続して借金の返済に当たることを前提とした借金整理の方法です。従って任意整理の手続きが完了し、借金の金額が減ったからと言ってそれですっかり安心しきっては一いけません。任意整理の手続きが完了したら、その新しい契約のとおりに借金を返済していきます。そして契約通りにきちんと借金の返済を全うし、返済が全て終われば、そこで本当の意味で任意整理の手続きが完了したことになります。E借金を完済する。
言うまでもなく、借金を抱える生活は非常に辛いものです。それは精神的に、場合によっては肉体的にも非常に苦しいところです。ですが任意整理手続きを経て、新しい契約に基づいて借金の返済を行い、無事に借金の返済を終わらせれば、その先には晴れて借金のない自由な生活が待っています。確かに借金することは辛い経験で、専門家に代理人になってもらう形で任意整理、つまり返済できない程にかさんだ借金を整理することは、それ自体お世辞にも名誉なこととはいえません。ですがいずれにせよ、任意整理を経て借金の返済を続け、それを全て完済したのであれば、もう落ち込んだり、くよくよしたり、或いは後ろめたい思いをすることはありません。任意整理を経て、借金を完済したのなら、胸を張って頑張っていくべきです。いろいろな事情から借金を膨らませてしまい、最後に任意整理という手段で借金を整理、返済をしたことについては、それはそれで自分の人生の教訓として、同じことを二度と繰り替えさなければいいのです。
ところで任意整理という制度は何のためにあるのでしょうか。これは決して単に借金を増やしてしまった人を、いたずらに救済する制度ではありません。また逆に自らの不注意等の理由から多額の借金を抱えてしまった人に、その不実を責めたり、責任を追求するのが目的でもありません。任意整理という制度の主旨は寧ろ、ここで任意整理を徹底して行って借金を整理すると共に、このことを今後の戒めし、それ以降の人生をやり直すための制度であると考えることができます。人生において誰にだって失敗はあります。人生の失敗が借金という形で現れる人も少なくありません。ですがお金と人生と、どちらが大事かといえば後者のほうに決まっています。これは言い換えれば、借金をしたからといって極端に言えばその人生を失敗ということはできず、またその人生を否定することはできません。話が長くなりますが、結局のところ任意整理は一つの救済制度であり、返済しきれない程の多額の借金を抱えてしまった人も、任意整理を経て借金を減額・整理し、それを完済することで新たな人生のスタートを切ることができるわけです。
もし現在、実際に返済しきれないほど多額の借金に悩まされている人がいたら、この任意整理について本気で検討してみては如何でしょうか。ともあれ、皆さんが借金に悩まされることなく、楽しく健康的で、そして幸福な生活を送ることができるよう祈っています。

Last update:2015/4/10